代表取締役ご紹介

◆ 株式会社日本不動産販売  代表取締役 村田和忠 ◆

◆ご挨拶◆ 

 

「日本一の不動産会社」を目指して

 
私ども株式会社日本不動産販売は、
創業以来”お客様の期待に応える!!をモットーに、
住宅の購入、売却をサポートさせて頂いております。
 

そのため、当社の社員には誠心誠意、親身になって、お客様目線で常に物事を考え、お客様のニーズを素早くキャッチし、まるで家族、友人であるような人間関係を築き、一番に頼りにされる不動産営業のプロフェッショナルになるよう、日々教育を行っております。

すべてのお客様から「本当に日本不動産販売さんで良かった!!」と言われるように、日々邁進すべく努力をしてゆく所在でございます。 

 

◆略歴◆ 

 

法政大学経済学部経済学科卒業。在学中は体育会野球部に所属。

4年間で4度のリーグ戦優勝、日本一の経験あり。

卒業後もコーチとしてベンチ入りし、学生と共にリーグ戦を戦う。

引退後は、不動産業界に飛び込み数社で勤務するが、すべての会社でトップセールスとなる。その経験をもとに独自のスタイル「考え方、戦略、戦術、育成方法」を身につけ、一企業を設立し軌道に乗せた後、新たに人生を賭けた株式会社日本不動産販売を設立。

大手1部上場企業から中小のベンチャー企業まで、300社以上のクライアント様とお付き合いをさせて頂き、更なる飛躍に向け活動領域を広げ現在に至る。 

◆自己紹介◆ 

 

 ・出身地・・・       東京都中野区 
 ・出生年月・・・      1975年12月 
 ・趣味・・・        ソフトボール・野球 
 ・好きな言葉・・・    『挑戦』 『努力に勝る天才はいない』 
 ・人生の師・・・        バルセロナオリンピック野球日本代表監督

                                      前法政大学野球部監督 山中 正竹氏

                                      前法政大学野球部監督 金光興二氏 
 ・最近の感動・・・     教え子が日本ソフトボールリーグ
(プロソフト)

            の選手になったこと
            インターハイ出場選手になったこと
            一生懸命頑張っている営業社員が初契約
を上げたこと

 

◆ATHLETE 2012 掲載内容◆

 

 私の学生時代は、まさに野球一色。高校では悲願の甲子園の土を踏むだけでなく、ベスト16という成績を残すことができました。その後、大学でも野球を続け、六大学野球優勝という結果も味わうことができたのです。


 現役を終えた後も野球に関わりたいという思いから、コーチとして野球部に残り、学生と一緒に寮で過ごしながら、いつしか指導者という立場で野球界に貢献したいと思うようになりました。
 だから将来は野球のために一般企業で稼ぎ「お金と時間を手に入れよう・・・・・・」と、思うように。

 

 それが社会で頑張るための大きな理由と成り得たのです。

 

  体育会で毎日行っていた基本的なこと、それらは社会でも活きていると思います。
 たとえば礼儀作法や挨拶、もちろん年功序列に対する意識や返事など声の大きさ。
 付け焼刃では絶対身に付かないものが、体育会に所属していたことで、当たり前のようにできていたのです。
 だからこそ『体育会で必死にしがみついてきたのだから、社会で負けるわけがない』と、自信を持って働くことができました。

 そして体育会で培った人間力を自分の最大の武器とできたからこそ、不動産会社を起業できるまでに至ったと自負しています。

 

勉強だけでは勝てる会社などありません。
 

大舞台での経験こそが、仕事をするにあたり、もっとも重要で、かつ有利となることでしょう。
 甲子園や大学野球で優勝するよりも、社会で成功するほうが簡単ですよ。
 

 もっと自信を持って、人生の勝者になってもらいたいですね。